よくある質問

建築用フィルム

Q.防犯フィルムで加工すると誰も侵入できないのですか?
A.防犯フィルムは完全に侵入できないようにするものではありません。防犯フィルムを貼った場合には、ガラスを割って、さらにフィルムを切断しなければならないので、侵入に時間がかかります。このためほとんどの窃盗犯は侵入を諦めてしまいます。
Q.ガラスを破るまでの時間が5分程度よけいにかかるだけで泥棒を防げるのですか?
A.警察の方のお話では、5分という時間は、通常は侵入して逃げるまでの時間だそうです。侵入にかかる時間だけを考えるともっと短い時間で諦めて他の目標を探すと言われています。
Q.防犯フィルムを窓の一部に貼ることはできますか?
A.クレセントの部分だけに貼るという方法もありますが、効果は限定的ですので、全面に貼ることをお勧めします。
地震などの災害時にガラス破片の飛散防止という観点からも全面施工をお勧めします。
Q.ガラスカッターを使用されても大丈夫ですか?
A.ガラスカッターというのはガラス表面を傷つけ、その部分を軽くたたいてガラスを割るのに使います。フィルム加工すると、傷つけた部分をたたいてもガラスが割れにくくなります。また割れたとしても割れ目にカッターナイフを入れるのは難しい状態です。どのような場合でも切れないとはいえませんが、時間と労力を要します。
Q.防犯フィルムを貼った周辺部に隙間がありますが、ここをガラスカッターで切ることはできませんか?
A.周辺5mm程度の隙間では専門家でも不可能だそうです。
Q.防犯フィルムを貼った周辺部に隙間がありますが、ガラスを強い力でたたくと、周辺部が割れてガラスごと落ちませんか?
A.ガラスは強い力でたたいたところから放射状に割れ、隙間に沿って割れるということはありません。
Q.フィルムの厚さはどのくらいですか?
A.通常カーフィルムは25ミクロン、建物用が50ミクロン、防犯用とする場合には100ミクロン(0.1mm)以上の厚さが適当です。SSP1218CLの厚さは345ミクロンで、国土交通省認定の防犯基準をクリアしています。
Q.耐熱性はありますか?
A.ガラスに貼り付けた状態では、不燃材の扱いになります。鉄道車両用材料燃焼試験をクリアしています。
Q.施工したあとガラスが曇ったりしませんか?
A.視覚的にはほとんど変わりません。ただ、施工後フィルムとガラスの間の水が乾いていく過程で気泡が出てくることがありますが、完全に乾ききればまたクリアになります。
ページトップへ戻る
自動貼りマシーン完備だから、大量施工が可能です。
Q.自分で貼ることはできますか?
A.フィルムの性能を十分に発揮させるために、専門の施工業者をお使いになることをお勧めします。
Q.工期はどれぐらい必要ですか?
A.一般的な住宅の場合、工事は1日で完了します。
Q.貼ってすぐに性能が得られますか?
A.ある程度の強度はすぐに得られますが、本来の性能が得られるには、施工時のスリップ水液が完全に蒸発する必要があります。通常2~3週間程度、フィルムの種類や季節によってはそれ以上必要になることもあります。
Q.ガラスのどちらの面に貼るのですか?
A.耐候性の問題で通常内側に貼りますが、外貼り用のフィルムの有無とガラスの種類によって外側から施工する場合もあります。
Q.風呂場の窓ガラスにも貼ることはできますか?
A.常に湿度が高い環境ではフィルムが湿気を吸い込んでしまいますので適しません。ただし、使用しないときに換気を十分行っていただければ問題ありません。
Q.ガラスの内側が型ガラス(凹凸がある)なのですが、貼り付けられますか?
A.フィルムとガラスの接着面積が小さくなるため十分な強度が得られません。通常はガラスの内外を入れ替えるなど施工面が平滑になるようにお願いしています。
Q.事前に窓の正確なサイズを施工業者にお知らせする必要がありますか?
A.一般的には、施工者が現場で窓の正確なサイズをはかってフィルムをプレカットしますが、お客様から事前にできるだけ正確な情報をいただけると効率的に施工を行うことができます。
ページトップへ戻る
完全ドライ式なので、乾燥時間が不要です。df
Q.保障期間は何年ですか?
A.5年です。
Q.耐用年数は何年ですか?
A.見た目にはほとんど変化がなくても性能劣化が起きている場合もありますので、10年程度をめやすにしていただくのがよいでしょう。
Q.フィルムを貼った窓を洗うことはできますか?
A.通常のガラスと同じように洗えます。ただし、金属タワシなど傷つけやすいものは使用しないでください。汚れがひどいときには中性洗剤をお使いください。
Q.貼り替えはできますか?
A.可能です。また、ご自分ではがすことも可能です。
Q.防犯フィルムとは?
A.防犯フィルムは、およそ20種類の品目があります。弊社では、独自に開発した、防犯フィルム(SSP1218)(セイコステラ社)を営業品目の主役としております。ほかにも、3M、マディコやリンテック1561UHなどもあります。通常の防犯フィルムは、350ミクロンで国土交通省の認定の防犯基準を通ったフィルムのことを言います。業者によっては、100ミクロンや200ミクロンのフィルムを防犯フィルムにしているところもありますが、それは、防犯基準には達していないものです。ただし、お客様によっては、200ミクロンをお望みの方もいらっしゃいます。
Q.飛散防止フィルムとは?
A.通常透明で、厚さ50ミクロンのものをさします。いろいろなメーカーのものありますが、施工性と、糊の性能からリンテックが群を抜いています。ただし最大フィルム幅が1250ミリまでなので、それ以上のガラス寸法のときはマディコの1524ミリ幅、1829ミリ幅を使用することもあります。また50ミクロンの建物フィルムにおいては概ね飛散防止効果があるので、断熱や目隠しといった付加価値をつけてお客様にお勧めすることも可能です。
ただJIS規格ではうたわれてはいませんが、十分な飛散防止効果をもたせるためにガラスの厚みと寸法によっては100ミクロン以上の厚さのものを時にはお勧めしたいと思います。
Q.目隠し、デザインフィルムとは?
A.大きく分けるとタペ調、マット、ミラー、色物の4タイプがあります。代表として
タペ調・・・C-16サンド(中川ケミカル)、マットクリスタル(3M) 
マット・・・MK50マット(リンテック)、ミルキーミルキー(3M)
ミラー・・・SL18-50HD、BRM50HD(リンテック)
色物・・・BLMC50HD,SMLC50HD(リンテック)
などがあげられます。お客様の目的とお好みに合ったものをお勧めしてください。
デザインフィルムとして、3Mではイルミナ、サガノ、オスロ、ルナピコ、リンテックではコントラなどがあります。その他にデジタル画像をフィルムにラミネートさせるウィンコス(リンテック)や、フィルムをカットしたり、ガラスの両面に貼って視覚作用を起こさせたりすることが出来ます。
Q.日照調整、断熱フィルムとは?
A.大別して透明タイプとミラータイプがあります。
遮蔽係数 熱貫流率 タイプ 色 可視光線透過率
ミラー SL18 0.3 5.7 熱反射 ダークシルバー 20%*
SL35 0.5 5.7 熱反射 ライトシルバー 40%
透明 IR50
HD 0.85 6.0 熱吸収 ほぼ透明 85%
セラミック
蒸着 ZH05G 0.59 5.0 熱反射 程よい金色 65%
レフテル
(チタン蒸着) WH03 0.6 5.0 熱反射 少しグレーかかる 75%

 *:昼間外から中は見えません。
注:遮蔽係数・・この値が小さいほど太陽光線の断熱率が高い
熱貫流率・・この値が小さいほど夏は外から中への、冬は中から外への熱の移動が少ない。
=断熱効果が大きく結露しにくい
ミラータイプは一般家庭でも使われますが、主に工場などで使われることが多いです。
レフテルは新築マンションのオプションなどでも使われていて、ガラスに高級感を持たせるイメージのフィルムです。もちろんフィルムが部屋を涼しくさせたりすることはありませんが、夏冬の冷暖房の省エネ効果を十分に期待することが出来ます。

Q.紫外線UV,電磁波フィルムとは?
A.UVカット・・フィルムの糊の中に紫外線吸収剤が入っているので、基本的にどのフィルムも紫外線を
99%カットできるといえます。(*紫外線をカットしないとフィルムの表面を形成しているハードコート層(傷つき防止の層)が劣化してしまいます)よって一般的にお客様が紫外線をカットしたいといったときには、CL50HD(通常のクリアフィルム)をお勧めして大丈夫です。ただし、およそ380ナノメートルまでの波長までしかかっとできないので、病気で紫外線には当たることが出来ないだとかの特別な目的をもった方には、UVガードフィルム(富士フィルム、410ナノメートルまでカット)をお勧めしてください。

電磁波カット・・通常の外観を保ちながら、電磁波のシールド効果があり、コンピューターや精密機器などへのノイズ防止に役立ちます。また、コンピューターからの漏洩電磁波による盗聴防止にもなります。
また高い赤外線反射効果もあり、省エネ効果も十分に期待できます。施工場所としては、研究施設、医療施設、通信施設、スタジオなどが主です。フィルムは以下のとおりです。
可視光線透過率 太陽熱反射率 1GHzに対する シールド性能
KDS30(村上開明堂化成) 73% 40% 30db
KDS40(村上開明堂化成) 57% 50% 40db

ページトップ